平成30年度 7月巻頭言

7月 チャレンジしよう!夏休み!     副校長 小澤 香子

朝、校庭の見回りをしていると、男の子が笑顔で駆け寄ってきました。「おはようございます、副校長先生。ねえ、いいこと教えてあげる。秘密だよ。誰にも言わないでね。僕、夏休みに友達と冒険するんだ。」

「何々?」と話を聞いてみると、秘密なので詳しくは明かせませんが、自分で計画を立てたそうです。わくわくするような内容でした。この冒険はもちろん保護者の方の了承済みです。

「気を付けてね。成功を祈るよ。」と声を掛けると、「大丈夫だよ。みんなで協力するから!」と力強い答えが返ってきました。

夏休みがすぐそこまで来ています。この夏休みはぜひ、子供たちが自らチャレンジする機会を取り入れていただけたらと思います。     

冒険に限りません。工作、料理、旅行、スポーツでも、学習や読書、お手伝いでも、自ら「やりたい」と思い、自分で考え、計画を立てて実行することであれば、何でもかまいません。もしかすると、「やりたい」ことが壮大すぎたり、計画が十分ではなかったりしてうまくいかないこともあるでしょう。そんなときは、「こんなのはどうかな?」とアドバイスしてあげてください。

チャレンジしたことが成功すれば、大いに誉め、うまくいかなかったとしても、取り組んだプロセスを認めてください。誉められたこと認められたことは、自信と次の意欲につながります。夏休みのチャレンジが、きっと子供たちを大きく成長させてくれることでしょう。

境南小へ着任して3か月あまりですが、保護者の皆様、地域の皆様には、1学期たくさんのご支援とご協力をいただきました。ありがとうございます。そして2学期もどうぞよろしくお願いいたします。

更新日:2018年07月12日 11:30:27