指導の重点(教科、道徳、外国語活動、総合的な学習の時間、特別活動、自立活動)

HOME教育課程.学校経営 >  指導の重点

 

(1)各教科
  確かな学力の向上と個性の伸長の視点にたち、教え考えさせる学習過程を大切にし、児童一人一人が「わかる・できる・活かす」喜びを実感できる指導の充実を図る。
  (1) 基礎的・基本的な知識、技能の確かな定着を図るため、「東京ベーシック・ドリル」の活用等、各教科において児童が学習内容を反復練習したり、見通しをもって主体的に学習に取り組んだりする活動の徹底を図る。また、学習支援教室などの補充指導の場を充実させるとともに、家庭と連携し、規律ある学習習慣や学んだことを生かそうとする態度を育成する。
  (2) ICT機器の活用や体験的な活動、問題解決的な学習の工夫を図り、児童が主体的に情報収集・情報選択・わかりやすく発表・表現できるようにし、課題を解決することで、学ぶことの楽しさややり遂げたことへの成就感・達成感を味わえるように指導を工夫する。
  (3) 児童一人一人のよさを生かし、個に応じた学習活動を充実させるために、「東京方式習熟度別指導ガイドライン」に基づいた習熟度別学習の在り方と指導計画を検討し、指導法の工夫改善を図る。また、武蔵野赤十字病院や武蔵野プレイスなど地域の教育人材や文化施設を活用した児童の知的好奇心を喚起する指導、サポートスタッフ(SS)やティーチングアシスタント(TA)の配置、個別支援教室「にじ」の活用、専門家スタッフの派遣による個に応じた指導を実践する。
  (4) 教育活動全体における言語活動(話し合い、記録、要約、発表、討論など)及び学校図書館の計画的な活用、定期的に行う読書指導(読み聞かせ、読書旬間等)を通して、多様な視点から考察するクリティカルシンキングや豊かな言語感覚を育成する。
  (5) 校内研究を中心に、生涯にわたって心身ともに健康な生活を営むための基礎・基本として、多様な運動経験と体力向上に向けての取り組み、健康・安全、保健等に関する学習や系統的な指導計画を充実させ、年間を通じて評価の方法などに関する検討・検証を行い、指導に反映させる。
  (6) 児童の学力向上を図るために、日常の授業における児童の様子や単元ごとのテスト、「全国学力・学習状況調査」「東京都児童・生徒の学力向上を図るための調査」等の分析を基に「授業改善推進プラン」を作成し、校内のOJTの中で継続的に指導方法の改善に努める。
(2)道徳
  自分自身をしっかりと見つめさせ、多様な方々とのかかわりの中で生きていることに気付かせながら望ましい自己形成とよりよい人間関係の育成を図る。
  (1) セカンドスクール等の宿泊体験、ちびっこ農園等の自然・勤労体験や多様な方々との豊かなふれあいを通して、児童の内面に根ざした道徳性の育成を図る。
  (2) 道徳教育推進教師を中心として、『私たちの道徳』や東京都道徳教育教材集等の活用とともに、道徳教育全体計画及び年間指導計画を改善し、指導内容の重点化を図ることにより、内容の一層の充実を図る。また、各教科等と密接な関連を図りながら、計画的、発展的な指導をすることによって、道徳的価値を自覚させるとともに、児童一人一人が自信をもち、自分自身を肯定的に受け止め、自己の生き方についての考えを深められるようにする。
  (3) 校内研究の健康教育やオリンピック・パラリンピック教育を通して、心身の健康についてや粘り強く取り組むことのすばらしさ等の道徳的価値を自覚させるとともに、それらの取り組みの日常化・継続化を図ることを通して道徳的実践力の育成を図る。
  (4) 「道徳の授業公開と地域懇談会」の機会を生かして、情報モラルや健康教育にかかわること等、各家庭での日常的な指導に生かされやすい主題を設定し、全教員が授業の内容や多様な指導方法について学び合い、家庭や地域と連携することで、道徳教育の質の向上を図る。  
(3)外国語活動
  外国語活動をとおして、言語や文化について体験的に理解を深め、外国語に慣れ親しみながら、コミュニケーション能力の素地を養う。
  (1) 担任が中心となり、外国語指導助手(ALT)と協力して授業を行うことによって、より体験的に異文化理解ができるようにする。
  (2) 身近な表現を使い、外国語に慣れ親しみながら、友達との関わりを大切にした活動を通して、積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度を育成する。
(4)総合的な学習の時間(名称:境南タイム)
  児童の学習状況に応じた適切な指導をとおして、自ら課題を見付け、解決を図る過程で、学び方を身に付け、自分の生き方について考えようとする態度を育てる。
  (1) 観察、実験、見学、調査、発表などの体験活動を通し、自ら課題を見付け、問題解決に主体的・意欲的に取り組むことを通して、学び方を身に付けさせる。また、発達段階に応じて適切な情報モラル及び基礎的なリテラシーを身に付けさせる。
  (2) 既習経験を生かして問題解決に取り組ませ、思考力・判断力・表現力等を育てる。また、オリンピック教育に関する課題等において、各教科との関連を図りながらそれぞれの学年の実態に応じてコンピュータ及び学校図書館を活用し、主体的、創造的、共同的に取り組む態度を育てる。
  (3) 児童が地域の人々や自然、文化などと主体的に関われるような環境作りを推進し、自分の生き方について考えようとする態度を育てるとともに、生涯にわたって学び続ける態度を養う。
  (4) 心身の健康を心がけて生活するための課題解決の場として、セカンドスクールやプレセカンドスクール等では、事前・事後の学習も含めて食農・食育や健康教育に関わる体験活動を充実させる。  
(5)特別活動
  望ましい集団活動をとおして、協力してよりよい学校生活を築こうとする自主的・実践的態度を育てるとともに規範意識や自尊感情を高め、確かな人間関係を築く。
  (1) 全学年で学級活動の時数を十分に確保し、話合い活動を大切にし、互いを尊重し合う人間関係を育てることを重視して、計画的に進める。
  (2) 児童会活動では、「あいさつ運動」など「いじめ防止」の取り組み、「境南ピック」など体力向上の取り組み、「落ち葉掃き」など奉仕活動等、創意工夫を生かした活動の充実を図り、学校の一員としてよりよい学校生活づくりに参画する自主的・実践的態度を育成する。
  (3) 異学年が集うクラブ活動や集会活動では、よりよい学校生活に向けて、互いに思いやり助け合う態度を養い、規範意識や自尊感情を高め、望ましい人間関係を育てる。
  (4) 行事やボランティア活動などを通して奉仕する心と社会性を養う。  

 

<<<教育課程.学校経営に戻る

更新日:2018年02月05日 12:59:23