基本方針

HOME教育課程.学校経営 >  基本方針

 

基本方針(学校の教育目標を達成するための基本方針)

豊かな人間性や社会性、感性を育成するために、教職員の人権意識を高め、児童の発達段階及び実態に即した系統的な学年目標・学級目標を設定し、学級・学年経営力を高めるとともに、教職員相互や家庭・地域・関係機関との連携を図り、児童との確かな信頼関係を築き、全教育活動を通して人権教育や道徳教育の充実を図る。
主体的に問題を解決する意欲や態度を培うため、体験活動の充実を図る。また、様々な方々との協働や交流を通して自主性・協調性を育む。さらに、文化・芸術活動に取り組む場を設定したり、望ましい読書習慣の確立や環境整備を図ったりして、豊かな感性や知性、知的好奇心、創造力や表現力を育てる。
学力調査の結果を生かし、習熟度別少人数指導等の個に応じた指導を充実させることを通して、基礎的・基本的な知識・技能の確実な習得を図るとともに、探究的・協同的な活動を位置付けた学習活動を充実させ、思考力・判断力・表現力等を育む。さらに、各教科等のねらいを実現する手立てとして言語活動を計画的に位置付ける。
児童相互の望ましい人間関係を育て、児童を取り巻くさまざまな課題に対応するために、問題の未然防止と早期発見・児童理解に努め、家庭や関係諸機関との連携及び教育相談体制の充実を図り、全教職員による組織的な指導・対応にあたる。また、障害に対する理解と認識を深める指導、交流及び共同学習を推進するとともに、特別支援校内委員会を中心に、必要に応じて学校生活支援シート(個別の教育支援計画)・個別指導計画等を作成し、特別支援教育を推進する。
意欲を引き出し、分かる授業を目指し、ICT機器の活用を図る。また、授業改善と校内のOJTを推進し、教師一人一人の指導力向上に努める。また、市民性を高める観点から、「武蔵野市のいま・むかし」や「武蔵野ふるさと歴史館」等、地域の教育資源を生かした教育の充実に努め、児童が地域社会と積極的に関わり、社会の中で自分の役割を果たすことができるようキャリア教育を推進する。
運動・食育・保健の3分科会組織の校内研究を中心に、家庭や地域と連携して、健康教育を推進し、生涯を通じて心身ともに健康な生活を送ることができる児童を育成する。
自ら危険を予測・回避する能力を育む安全指導と防災教育の充実を図るとともに、家庭や地域と連携して緊急事態に対応できる体制の充実を図る。
家庭、地域、幼保、中学校等と連携を深め、開かれた学校づくりの推進に努め、積極的な情報発信に努めるとともに、学校評価の活用により学校教育の改善を図る。

 

<<<教育課程.学校経営に戻る

更新日:2018年02月05日 12:57:54