【タイトル】

基本方針

【本文】

HOME >  教育課程.学校経営 >  基本方針   基本方針(学校の教育目標を達成するための基本方針) 「よく考える子」を育成するために 「主体的・対話的で深い学び」の実現を目指した授業改善を推進し、探究的・協働的な学習活動を充実させることを通して、生きて働く知識・技能の確実な習得、問題発見・課題解決能力、思考力・判断力・表現力等を育む。 「進んで取り組む子」を育成するために 学習活動や学校生活において、課題解決を積み重ねることにより、自ら正しく判断し行動する意欲や態度を育てる。 「市民性を高める教育」を推進し、地域社会と積極的に関わり、社会の中で自分の役割を果たすことができる資質・能力を育てる。 「やさしい子」を育成するために 人権教育や道徳教育の充実を図ることにより、人権意識を高めるとともに、思いやりの心を培う。 交流及び共同学習を推進することで、多様性や障害に対する理解、認識を深めるとともに、共に生きようとする態度を育てる 「元気な子」を育成するために 家庭や地域と連携した健康教育や体育授業、自校給食の特色を生かした食育を推進することで、生涯を通じて心身ともに健康な生活を送ることができる知識・技能と実践意欲、態度を育てる。 また、教育目標を達成するために以下の取組を行う。 学校評価の活用により学校教育の改善を図るとともに、積極的な情報発信に努めることで開かれた学校づくりを推進する。  2.家庭、地域、幼児教育機関、中学校等と連携を深め、継続した指導や支援の充実を図ること  で、社会において自立的に生きるための基礎を育む。   <<<教育課程.学校経営に戻る


【添付ファイル】

この記事に添付ファイルはありません。