平成29年度 7月巻頭言

7月 学校公開、参観ありがとうございました      副校長

 先日6月24日の学校公開は、多くの保護者や地域の方々に参観いただきました。誠にありがとうございました。子供たちも多くの方々に見ていただいていることを励みに、いつも以上に張り切っていたのではないかと思います。反面、いつもの集中力をお見せできなかったところもあったように感じ、少し残念でもあります。
 どの学年も入学・進級して3か月が過ぎ、運動会という大きな行事も経験し、最近は、校内巡視の際に廊下の端に立つと、教室が無人なのではないかと思うくらい、静かに集中して取り組んでいる様子が多くなりました。
 しかし、授業中の反動なのか、廊下を走る子が低学年を中心に多く見られ、学校全体で指導しました。先日の全校朝会でも、「廊下を走ってはいけないという『きまり』は知っているのに、つい、走ってしまうことがある。走っている人が転んだりぶつかったりして危ないだけでなく、ぶつかられた人がけがをしたり、持っているものを落として壊してしまったりと、大変迷惑な行動である。『きまり』を守ることは、他者に対して思いやりのある行動ともいえる。他に思いやりのある行動のために、どんなことをしたらよいか考えて行動してほしい。」と、6月は「ふれあい強化月間」であることと絡めて話をしました。
 子供たちは日々、様々なトラブルや問題にぶつかりながら、課題を乗り越えて成長しています。学校では全教職員が協力して、子供たちの指導にあたっています。
 2学期の学校公開には、廊下での私語や物音にもご配慮いただき、ぜひ、その成長ぶりをご覧いただきたいと思います。

更新日:2017年10月02日 11:45:34